適当にがんばる?または、疲れない程度にがんばることが大切

これって実は重要なことかもしれない。
たしかに、年間3万人の自殺者は多すぎる。
「がんばれ」って言葉はある意味強制だもんね。言ってる方は励ましてるんだけどね。

 

スロージョギングに学ぶ

もし社会人が本当に成果を求めるなら、疲れるほど走るんじゃなくて
疲れない速度で楽しんで走るべきです。

もし学生が本当に賢さと学力を手に入れたいなら、
期末テストや入試に焦るほど追い立てられるんじゃなくて
自分の速度でどんなに回り道でもゆっくり基礎を学ぶべきです。

テストのために決まったことを詰め込むのでなく、
無限の時間で回り道でもゆっくり興味あることを解き明かしていく勉強は
本来とても楽しいものです。
学生時代にあれだけ勉強嫌いだった人間が、
大人になって余暇を持ったときに
再び勉強に興味を持つ人が多いのもそういうことです。

上司が部下にかける精神的なプレッシャーは
終業時に解いておかなくてはなりません。
プレッシャーを必要とするなら、また明日与えたらいい。
そうでないと部下は精神的な疲れを回復せずに出社することになります。

毎日でなくても、あるいはプロジェクトが終了したら結果がどうあれ
必ず上司も部下も協力して前を向く必要があります。
結果がさんざんで、怒鳴り散らして終わるのではメンヘルまっしぐら。
使えない奴ばかりとなげくんじゃなくて、なげく奴が使えなくしてるのです。

もちろん親が子に期待しすぎるのも同じ。
部下にとって上司が絶対のように、
生活の全てを依存しきってる子供にとって親は絶対。
子供の成長スピードを超えた期待は過度なプレッシャーとなり心を壊します。

あなたが3日坊主で終わる理由。あるいはメンヘル療法。 – teruyastarはかく語りき

 

 

おすすめ記事

Subscribe ページTOPへ