見積もりについての覚書

面白い記事があったので覚書。

・ページ単価は絶対自ら下げない
→ページ単価は制作会社の価値を示す指標であり、
 その単価を下げると、会社の価値を下げることになり
 ます。そのため、正当なページ単価の認めてもらえる価
 値を創造しなければなりません。例えば、メッセージを
 訴求できるデザイン力やSEOの成果を上げるコー
 ディング力など、クライアントの利益に直結するものは
 価値として認められます。さらに、それらを実現するノウ
 ハウを持っていることを、人的リソースに結び付けて、
 人の価値も認めてもらう方法もあります。

・コストをクライアントのゴールと直結させる
→Webサイトの構築=クライアントのゴールではありま
 せん。Webサイトを構築する目的は、商品の販売、企
 業のブランドイメージの向上、訪問者の増加など、クラ
 イアントによって異なります。だからこそ、制作会社はク
 ライアントの現状とゴールを的確に見極め、その成果
 を生み出すことをゴールとして考えなければいけませ
 ん。それにより、値下げの対象となるコストが必要不可
 欠な予算として確保できます。

・制作と切り離した請求項目を設定する
→フリーの制作者も含めると、Web制作のプレイヤー
 は何万人もいます。ゆえに、制作だけの見積もりでは
 価格競争は避けられません。そこで、クライアントの利
 益に貢献できる強みを持つことで、その価値を見積も
 りに盛り込んでいかなければなりません。例えば、集客
 につながるコンテンツの企画力や販促物も同時の制
 作できる販売促進のノウハウなど、制作と切り離した
 見積もり項目を追加することが求められます。

おすすめ記事

Subscribe ページTOPへ