冨士ファシリティーズ

http://www.fuji-fa.co.jp/ 雰囲気がいいですね。なんだろ、色味とかフォント、行間の取り方などががそう感じさせてるのか・・

マンション管理・ビル管理の経費削減 ウイッツ

https://www.wits-com.net/ 企業サイトの基本が全て入ったようなサイトですね。参考になります。

株式会社フォーク | FORK CORPORATION

https://www.fork.co.jp/ 面白そうな制作会社をみつけました。 なんで今まで知らなかったんだろう。サイトはサラッとしてますが実績は面白いのが多いですね。

WHO WE ARE – NEWPEACE Inc.

https://newpeace.jp/who/ なんだかすごく尖っている会社を見つけてしまいました。 手がけているプロジェクトがどれもいい感じです。コンセプトづくりから動画やWebまで手がけているんですね。 今後どのような活動をされるのか注目していきたいと思います。

mentos SCOUTING CHALLENGE

http://www.mentos.jp/scouting これ面白い。こういうの好きですね。 しかしよく考えましたね。

渋谷区トップページ | 渋谷区公式サイト

http://www.city.shibuya.tokyo.jp/ なんでしょ、いままでの行政サイトとはちょっと雰囲気が異なりますね。変わっていく街、渋谷を意識されているということでしょうか。いいと思います。 詳細ページはまぁ行政サイトっぽいですが、各カテゴリTOPやスクロールしたら右から表示されるメニューなんかは面白いですね。 そしてバッチリGoogleAnalyticsを入れているという。なんか意外です。

Twitterの投稿で人助け。芋の大量注文はどうして起こった。

https://goo.gl/JYdDa1 これはすごいですね。Twitterの投稿から広がっていったんですね。すべての投稿がこんな風に広がるわけではないと思いますが、SNSから人助けが実現されているのも事実ですね。 いいと思います。   「訳ありチューリップ球根」の時もそうでしたが、リアルな現場が伝わってくると、なんとかしてあげようという想いになったりしますよね。...

X人の株式会社(4人の株式会社)

http://xnin-group.com/ やっていることが面白い。 ダサい「Webデザイナー募集します」のバナーがネットの記事で取り上げられていたようで、どんな会社なのか思わず見てしまいました。そう考えると、このバナー広告はかなりの効果があったということですね。うまいですね。そっかーその発想はなかったです。 X人の「X」部分はもしかして、社員が増えていくとどんどん変化していくということなのだろうか?社名も面白いです。

リビルト製品の信越電装株式会社

http://www.shine-reman.com/ 「KAWANO」のサイトを制作されている制作会社baqemonoさんが手がけられている、こちらのWebサイトもいいですね。 なんだろう、雰囲気といい、見せ方、演出ともいいですね。参考になります。

KAWANO | セレクトショップ

http://www.kawanoshinjuku.com/ WebGLでここまでできるんですね。おもしろいです。しかもそんなに重たくない。 こういった表現力のある制作会社さんっていいですね。Webの可能性が広がりそう。

村上農園のブロッコリー スプラウト

選ぶ『理由』のある野菜 村上農園のブロッコリー スプラウト http://www.murakamifarm.com/sprout/ TOPから詳細ページへの画面遷移のさせかた、ナビゲーションの作りが面白いですね。 特にTOPから詳細ページの遷移は、URLが変わっているのに画面をリフレッシュした感がまったくない。 どうやってるんだろう。シームレスな感じが良いですね。

UNIEL ltd.

http://uniel.jp/ ブランディングをサービスとしている会社さんだけあってサイトもどこか面白い。 ちょっとサイトが重たいけど(裏で何かがうごいているのだろうか)、世界観が伝わってきますね。

Amazon Dash Button お気に入りの商品をワンプッシュで

https://www.amazon.co.jp/b/?ie=UTF8&node=4752863051&ref=bb1_dascb5d4f8b6886&pf_rd_r=QJZXA3GS1ZTH4FQ3SPNE&pf_rd_p=9f4c80bf-b10e-44ca-bee3-0e6eb629c44d これっていいんじゃないでしょうか。定期注文もありですが、次が届くまでに使い切らなかったり、逆にすでになかったりと意外とタイミングが合わなかったりしますもんね。こういうのもIotの流れなのでしょうか。面白いです

ホームページ充実度ランキング 2016

日興アイ・アール発表の2016年度のホームページ充実度ランキングが公表されましたね。 http://www.nikkoir.co.jp/rank/rank.html 面白いデータなのでいつも参考にしています。 評価項目は、 [分かりやすさ]・・33項目 [使いやすさ]・・・39 項目 [情報の多さ]・・・106 項目 の178項目だそうです。 気になるのは「レイアウト・デザイン・文体等の主観的内容は評価の対象外」になっているということですかね。 わかりやすさってデザインが重要だったりするような気がするのですが・・ それも主観ということなのか・・ IRのTOPだけでも各社さんともに個性があって面白いですね。 やはりスマートフォンを意識されているようで、レスポンシブ化サイトが多いです。 ただ、画面幅に合わせて変えるという従来の方法ではなく、どのデバイスで閲覧しているのか?という デバイス別でレイアウトを切り替えているサイトも増えてきているようですね。 僕もこの考え方が正しいような気がしてます。 それから最近は横幅のサイズが広がってきましたね。つい最近までは980ピクセルが多かったような気がしますが、1200ピクセル近くまでサイズアップしているのも今後デザインをしていく上で参考の値になりそうです。 その分パーツや文字を大きくして見やすくなってきてます。   カプコン   東芝   日本電気   伊藤忠商事...

Habib Fadel

http://www.habib-fadel.com/en/artwork/1249-yellow-abstract.html 最近こういった画面2分割サイトを良く見かけます。レイアウトの流行りなのでしょうか。 サービスの紹介なんかには使えそうな気がします。なんかこう割り切ったレイアウトで嫌いじゃないです。参考にさせていただきます。

ナチュリエ ていねいに育てる、自然素材の家

https://www.naturie.jp/ やっぱり動画って雰囲気つたえるのに良いコンテンツだなぁと思う。 しかし、写真もそうだけど、こういう雰囲気ある映像って簡単につくれないんですよね。餅は餅屋ということですかね。

Mugendai(無限大) | イノベーションを触発するデジタルメディア

http://www.mugendai-web.jp/ Webマガジンというやつでしょうか。記事の内容が面白いので思わず読んでしまいます。 記事の一覧をフッターに配置するというのもいいですね。参考にさせていただきます。

株式会社前田組 | 土木工事、カッター工事、立坑・推進工事を通した社会基盤づくり

https://maeda-g.co.jp/ この企業サイトいいですね。 操作性、見せ方、デザイン、使用されてる写真。これで表示スピードが早ければいいうことなしですね。参考にさせていただきます。

京都 宇治 伊藤久右衛門

http://www.itohkyuemon.co.jp/ 一時期話題になったシネマグラフ。こういった使い方いいですね。参考になります。 メインイメージや見出しエリアの画像としてアイキャッチの効果高そうですよね。

株式会社コーエーテクモホールディングス

https://www.koeitecmo.co.jp/ このナビゲーションの発想はなかったです。なるほど、これだったらクリックを1つ減らせますね。参考になります。

日清食品グループの漫画によるブランド紹介

白黒とアニメの内容が妙に合っててかっこいいですね。なんだろう、食の会社なのに、化学に近い感じがする。https://www.nissin.com/jp/

ウォーターラン

ウォーターラン公式サイトhttp://waterrun.jp/イベントの紹介は写真もいいけど、動画があるとさらにイメージしやすくなりますね。 参考にします。

TF Corporation Inc.

http://www.tf-corp.co.jp/マウスオーバーの処理が面白いですね。こういったちょっとして演出で印象が変わるので参考になります。 スライドで、コンテンツを複数箇所切り替えるのも面白いです。あんまりやり過ぎると目が回るけど、これぐらいなら変化があって面白い。

PRIVéE | charm-deco

http://privee.jp/写真をメインにしたレイアウトですね。 しかし、どうやって写真を準備したんだろう?やっぱり撮ってもらうんだろうなぁ。 いいですねぇ。

週末仙台(仙台市観光・旅行ガイドサイト[旅・おみやげ・グルメ・おすすめスポット])

http://weekend-sendai.com/ichikawa.htmlレイアウトが面白いサイトですね。Webマガジン系サイトの参考にさせていただきます。

クラックス

https://crux-lab.co.jp/これぐらいシンプルでも良いような気がする。参考にさせていただきます。

ユナイテッド株式会社

黄色と黒ってちょっと難しそうだけど、きれいにまとまってますね。http://united.jp/ 

タビオ株式会社

http://www.tabio.com/jp/corporate/ものを製造する機械って面白いですよね。

GLM株式会社

http://glm.jp/recruit/知らなかった。こんな会社があるなんて。

淡路島のゴルフリゾート|洲本ゴルフ倶楽部

http://www.sumoto-golf.com/おー、こういうゴルフ場とか、イベント会場とか、スキー場とか、広大な感じを伝えるのに、ドローンは最適ですね。参考にさせていただきます。ドローン撮影やってみたい。

OUTER WEAR | 43DEGREES

http://43degrees.jp/products/outer-wearレスポンシブのお手本みたいなサイトですね。

RUN TOMORROW

http://runtomorrow.jp/背景動画ってアイキャッチとしてもいいですよね。最近よく見かけます。

RECRUIT DNA|リクルートホールディングス 2017年度新卒Web採用サイト

http://r.recruit-jinji.jp/採用サイトに力を入れている会社さん多くなりましたね。採用合戦ですね。

Lamzac hangout | Fatboy

https://www.fatboy.com/lamzac-hangout商品のインパクトがあるからなのか、見せ方が上手いのか、とにかく欲しいと思えます。いいですねこれ。

BEES/HONEY INC さん

http://beeshoney.jp/なんだろう、ファッション誌のようで、インテリア専門誌のようで・・オシャレ感がすごいですね。

TURN|アートプロジェクト

http://turn-project.com/これはなんだ。面白い。BGMってありですね。マウスオーバーしないとコンテンツが現れないもどかしさ。イライラするけど、斬新ですね。

ホームページ作成 福岡・大分|CONDENSE Inc.

いいホームページを作られてますね。

YADOKARI(インスピレーション バイ ヤドカリ)

http://inspiration.yadokari.net/アイディアですね〜。

レバレジーズ株式会社

http://leverages.jp/おしゃれなコーポレートサイトって感じでレイアウトが面白いですね。

キス眼鏡 – kiss eyeglasses –

面白い。じわじわきます。 よく考えますね、こういうの。

クラウド契約 CloudSign(クラウドサイン)

クラウド契約 CloudSign(クラウドサイン)https://www.cloudsign.jp/サービスや商品の紹介サイトは、1ページで完結するタイプが増えてきましたね。

DJI 公式サイト

DJI 公式サイト | DJI - 無人自動空撮システムのパイオニア | DJIhttp://www.dji.com/ja製品の紹介と販売まで行なっているサイトですね。

クラウドファンディングでの製品紹介の仕方はネットショップでも応用できそう

Batteriser: Extend Battery Life By Up to 8x. | Indiegogo

コーポレートサイト | 国分寺さんち

http://www.kokubunji-sanchi.net/labo/各ページを下までスクロールさせていくと、強制的に「トップにもどる」という発想が面白いですね。必ずホームに戻してから各コンテンツを見てもらうという考え方なのでしょうか。参考になります。

コーポレートサイト|ブロードメディア株式会社

http://www.broadmedia.co.jp/ナビゲーションが面白いですね。タブレットやスマートフォン、それに最近ではTVからもインターネット閲覧できますからね。こういったナビゲーションは使い勝手がいいですよね。

1分で始められるリモートユーザテスト | ユーザテストExpress

https://usertesting.jp/express/これはなかなか面白そうなサービスですね。自分では気づかなかった課題を見つけられるかもしれません。お客様に改善提案する際のデータ作りにも便利そうですね。

MUJI to Sleep | 無印良品

http://sleep.muji.net/ja/ 背景動画の使い方がいいですね。参考になります。これからのWebは動画の利用方法がポイントになりそうですね。

株式会社中川政七商店

http://www.yu-nakagawa.co.jp/top/ 記事の見せ方がいいですね。アイキャッチ画像の使い方を工夫すると、他の記事も興味がわきますね。というか、記事の中身がいいんですね。

ニュース|nicoe(ニコエ) | 浜北スイーツ・コミュニティ

http://www.nicoe.jp/news/2015/01/1.php そうか、詳細ページの下に、記事のタイトル一覧を表示させれば、わざわざ一覧ページにもどらなくても他の記事を確認させることができますね。いやーきづかなかった。参考にさせていただきます。

わたしにしかつくれない野菜|ローソン

http://www.lawson.co.jp/recommend/static/greenproject/woman/メインビジュアル部分をYoutubeにしているんですね。動画コンテンツ持っている場合、こういう使い方できていいですね。

株式会社ホムンクルス

http://homunculus.jp/index.html マウスオーバー時の動きが面白いですね。アートディレクションの他にテクニカルディレクションも行なっているとか。いいもの作りますね。

株式会社ココノヱ – coconoe inc.

http://9ye.jp/ なるほど、これならPCもスマートフォンもタブレットも同じレイアウトで済んでしまいますね。この発想は面白い。レスポンシブ化するとなんだかんだいっても費用が嵩みますもんね。最初からどの端末で見ても問題ない作りにしてしておけばいいと。

ARCHETYP Inc. | 株式会社アーキタイプ

http://www.archetyp.jp/ 画面遷移させる際の演出が面白いですね。進むときは手前に、戻る時は奥に。確かに、これであればWeb上でも画面の切り替わりを意識させることができますね。うまいです。ニュースもライトボックス?による詳細を表示させるという、ちょっと変わった方法がとられていて、こちらも面白いです。思いつきませんでした。マウスオーバー時の演出もオシャレですね。勉強になります。 ただ、お問い合わせやエントリーのフォームを別ウィンドウで表示させているのがよくわからなかったな。ここがコンバージョンで最終画面という意味なのだろうか。いっそのことロゴをクリックしてもTOPに戻らないようにしてしまってもよかったのでは。

BASE, Inc. | BASE株式会社

https://binc.jp/ja/ いいですね。これだけメンバーが登場するTOPページってなかなかないんじゃないでしょうか。それだけ退職される方も少ないということなんだと思います。(大抵、メンバーが辞めた時の差し替えが面倒って話になりますもんね)Webサイトも動画系コンテンツはこれから当たり前に利用される日がくるのかもしれませんね。雰囲気が伝わってきます。  

ヤンマー

https://www.yanmar.com/jp/  このレイアウトは面白いですね。レスポンシブを意識して制作者側にも負担を少なく出来るレイアウトになっているということなのでしょうか。 PCで閲覧してもいい感じに見えますね。  

三菱商事株式会社 2015年度新卒採用

http://student.career-mc.com/左右に隠れるナビゲーションが面白いですね。確かにこれなら使いやすさと画面の有効活用が実現できますね。いいです。  

株式会社ヘレティックアンセム

http://www.hereticanthem.co.jp/ 広告としてのWebやグラフィックデザイン全般をやられている会社さんなのかな。デザインだけじゃなくてアプリケーション開発や映像なんかも手がけているところが面白いです。

Brother Earth|ブラザーグループ環境スペシャルサイト

http://www.brotherearth.com/ja/ レイアウトが面白い。あれかな、タブレットPCを意識しているのかな。やっぱりモバイルファーストという考え方で設計されていていると・・レスポンシブきっちり対応ですね。

A.C.O. Inc.

http://aco-tokyo.com/ 制作会社さんですね。サイトがおしゃれでいい感じですね。今の御時世、やっぱりレスポンシブ化はデフォルトなんでしょうかね。

印鑑のハンコヤドットコム

http://www.hankoya.com/ なんだろう、このネットショップとしての安定感。僕が印鑑欲しくなったら多分ここに頼んじゃうだろうな。「専門性」とか「安心感」みたいなものを感じるからだろうか?印鑑ってそもそもどこで注文したら良いかわかんない商品なので、こういった、一般的には◯◯で購入するみたいな、専門性の高い商品とインターネットっと相性がいい気がする。  

竹皮健康草履(ぞうり)|虎斑竹専門店 竹虎

http://www.taketora.co.jp/fs/taketora/zouri/zo00002 長い・・とにかく長い。ただ、ネットショップにおいて1商品に対するコンテンツ量としては、これぐらいがデフォルトなのかもしれない。というか、これぐらいないと商品が売れないのかもしれない。 ・商品タイトル(こんな商品です) :1,400pixel・商品の特徴 :1,800pixel・商品への想い :1,700pixel・人気の理由 :1,800pixel・商品制作工程 :4,200pixel・Q&A :5,400pixel・事例 :5,400pixel・レビュー :5,400pixel・メディア掲載案内 :500pixel・なかの人紹介 :1,800pixel・ラッピングについて :700pixel・商品詳細 :2,700pixel しかもほぼ毎日ブログの更新を行なっている。インターネットで物を売ることの難しさがよくわかります。 竹虎四代目がゆく!http://www.taketora.co.jp/diary/    

PIZZA BLACK 宅配ピザのピザブラック

http://pizza-black.com/すごいなピザーラ。Webプロモーションのためにわざわざサイトを作ったんですね。本当にあったら、それはそれで話題が出そうなお店ですね。。注文しようとするとボタンがどっかいっちゃう・・1秒面接も面白いですね。遠藤憲一さんがいい味出してる。嫌いじゃないです。 制作はカヤックさんですか。さすが、面白いですね。 このサイトの存在に気づいたのは、Facebookのお友達が1秒面接結果をシェアしていたからだったんですけど、Facebookの拡散力って結構有りますね。       ...

THREe(スリー)

https://three.ne.jp/ こういった感じのLP最近増えましたね。さりげないパララックスもいい感じです。参考にさせていただきます。

TRIP(トリップ)

https://trip-u.com/ 体験を販売するという発想が面白いですね。それをインターネット利用して広めてるんですね。いいですね。  

Photo Gallery ARTisan

http://www.artisan-tokyo.com/about/ 黒白でまとまっているサイトで綺麗ですね。ブランド紹介だけでなく買い物も出来てしまうサイト。日本語と英語を左右に並べて表示させるのもいいですね。

株式会社 無限工房

http://www.mugen-kobo.jp/ 1つのプロダクトをじっくり紹介することの大切さがよくわかります。製品が誕生するまでがわかると、なんとなく製品に対して期待感が生まれる気がします。

歌舞伎町ホストクラブSmappa!Group

http://www.smappa.net/ こちらのホストクラブ、インターネット使ってのブランディングがうまい。結構綺麗に作ってますね。みょうに完成度が高い。 ギャラリーの写真の出し方なんかうまいなぁ。カメラマン撮影と普段のスナップショットをうまく組み合わせてるのかな。写真のクオリティ高いな。いつどうやって撮っているのか気になる。  

自家製粉 手打ち蕎麦 naru

http://www.narusoba.com/ お蕎麦屋さんのホームページですかね。おしゃれですね。なんか、写真からおしゃれなインテリア感が漂ってますね。きっと店内のテーブルや椅子にも気を使われているんでしょうね。Facebookもいいですけお、instagramを使うのも面白いですね。その上Twitterも・・忙しいですね。ちゃんと更新されている辺りが素晴らしいです。

石本酒造株式会社(越乃寒梅)

http://koshinokanbai.co.jp/index.html 縦書のナビゲーションってなんか面白くて好きです。普段しないからなんでしょう。縦書にしちゃうとナビだけでかなりのエリアを使ってしまいますけど、商品や会社の雰囲気出ていて、いい感じですね。参考になります。  

山形 南陽 清六ファーム

http://www.seirokufarm.com/ いさぎがよいデザインですね。結構好きです。写真のクオリティも高いですね。雰囲気でてます。ホームページっぽくない写真ですけど、これはこれで面白いです。そして実はネットショップも兼ねているという・・驚きです。    

Fixed Digital Agency

http://fixedagency.com/最近、スマートフォンとPCサイトの垣根をとってしまうデザインのサイトをよく目にしますが、こちらの会社さんもそうなのかな。レスポンシブ化する必要がないので、ある意味このほうがいい気がします。PCでもスマートフォンでも見やすければ、わかりやすければいいということですね。参考になります。  

創作かばん ホソ井

http://kabanhosoi.com/ ホームページにイントロダクションをつけるサイトは大抵へんてこなものが多いのですが、こちらのホームページは出だしが上手ですね。写真のクオリティも高いということなのだと思いますが、初っ端から期待感が高まります。 商品の見せ方もいいですね。画面サイズ一杯に写真を広げるのは、今後のネットショップサイトでも参考にさせていただきたいアイディアです。        

稲取銀水荘

http://www.inatori-ginsuiso.jp/ginnoshiori/ こんな風に写真に奥行きを出す手法としてパララックスを利用するのは面白いですね。参考にしたいです。

Evolution Fresh

http://www.evolutionfresh.com/メインビジュアルに動画を採用する手法はありですね。特にPCサイトにはあったほうがいいコンテンツなのかもしれません。スマートフォンだとファイルサイズの問題があるから、PCサイトのみ採用すると、なんかPCならでは感が出ていいですね。

Lush Fresh Handmade Cosmetics

https://www.lush.co.uk/LUSHってブランドはどこかかっこいいですね。実際のパッケージも、店舗もいい感じです。全体は黒っぽい感じですけど、それが製品をしっかり造っている感を出しているのかな。 メガメニューもここまで大きく表示させると、存在感ありますね。カテゴリーが多い製品や商品を扱うサイトで参考になりそうです。  

梅田洋品店

http://umeday.com/home/ これはいいな。スマートフォンとPCサイトを一緒のレイアウトで実現している。PCで見るとちょっとパーツが大きい気がするけど、文字の大きさだけ変更すればこれでいいじゃないかと思える。  

Original Stitch

https://originalstitch.com/ 自分でデザインできてそれが買えるサービスはTシャツなんかが過去にもあったような気がしますが、「シャツ」って視点が面白いですね。そこそこ高いので、本当にこだわりを持った人をターゲットにしているってことですかね。  

Monoco

http://monoco.jp/ 面白い、おしゃれな商品を集めたネットショップなのかな。商品の見せ方もいいし。ネットでの買い物も面白い。お手本としたいネットショップですね。カートに入れると、あと何分表示でお取り置きのお知らせが出るのもにくい演出ですね。焦って買う?買い物を煽らせる?人によっては嫌な機能かもしれないが。

キッチン(システムキッチン)のトクラス

http://www.toclas.co.jp/ これはわかりやすいナビゲーションですね。それに興味がわきます。参考にしたいデザインです。メニューもメガメニュータイプを採用しているんですね。こちらも最近よく目にしますが、スマートフォンへの表示のことも考えると、この流れが正解のような気がします。  

0歳からの幼児教室。才能が目覚める幼児教育は七田チャイルドアカデミー。

http://baby.shichida.ne.jp/age_0/index.html こういったデザインをなんというのでしょう、最近よく見かけます。Appleのサイトは結構前からこんなレイアウトのデザインだったと思いますが、各社参考にしているということなのでしょうか。個人的には見やすくて好きです。

UNDERLINE

http://u-d-l.jp/ ずいぶんすっきりしたデザインのサイトですね。結構こういう感じ好きです。ブログなんか各投稿がテンプレ化されたような作りですが、こういう「テンプレ化」いいですね。目指したいところです。  

We Are Visual Animals

http://wearevisualanimals.com/ 面白いナビゲーションですね。でっかいlightboxって感じでしょうか。なんとなく直感的に操作がわかるのでいいですね。

Google 日本語入力マジックハンドバージョン

http://www.google.co.jp/ime/m9/ エイプリルフールネタですね。毎年Googleは面白いコンテンツ出してきますね。去年はドラゴンクエストだったような・・。Web制作会社さんも、この時期になるとこぞってエイプリルフール用コンテンツ作ってますからね。意外とクリエイティブの質を問われるイベントなのかも。  

sass & bide Fall/Spring 2014 campaign サイト

http://freetown.sassandbide.com/実験的なサイトですね。ぐるぐる動く系。どうやって実現しているのか?技術的な所気になります。ユーザー体験としてもなかなか面白いですね。プロモーションというよりアートに近いですね。

ネットショップの今と未来をアツくする | 株式会社アラタナ

http://www.aratana.jp/ ネットショップのプロデュースをされている会社さんなのかな。EC-CUBEをベースとしてたネットショップ構築専門サービスって面白いですね。確かに、ネットショップってこれからもますます増えていくような気がする。個人、企業とネットショップを、メインの販路として活用しているところ多いですもんね。結局のところ、良い商品じゃないと継続して売れないのかもしれませんが、問題なのは、「良い商品なのに売れない」って現状を解決しないとですよね。世の中に届ける仕組みとして、インターネットに期待しちゃいます。

The Greenwich Hotel

http://www.drxlr.com/work/the-greenwich-hotel/ ナビゲーションが面白いですね。たしかに、メニューはヘッダーに固定するより、フッターにあったほうがじゃまにならないかも。コンテンツの最後に次のコンテンツを紹介するナビの表現方法も面白い。いいですね。  

Squarespaceでいい感じのホームページがカンタンにつくれる

http://www.squarespace.com/storiesこれは自分でホームページが作成できるというサービスなんですかね。用意されたテンプレートを利用して作成できるので、HTMLやCSSの知識がなくても作れるので、名刺とホームページセットでほしいなぁという方には便利なサービスかも。カンタンなロゴまで作成できるツールもあるんですね。  

山本海産物オンラインショップ

http://shop.yamamoto-kaisanbutsu.jp/ 写真がすごいですね。シズル感を通り越して、芸術の域に達してますね。一つ一つの商品に、完成度の高い写真を用意しているってところがすごい。なかなかできないです。ショッピングカート自体はカラーミーショップなのかな?デザイン次第ですね〜。

TOSAKEN inc.

http://tosaken-inc.com/works1/ 知らなかった。Googlmapをこんなおしゃれな感じにすることができるんですね。ただ、マップとしては機能しないですけど、ビジュアルとしては面白いです。

医療法人 白山歯科クリニック

http://hakusan-dental.com/ これもフラットデザイン?カードデザイン?使いやすナビかどうかは別として、どこかスッキリしていていいですね。「どのコンテンツも見てほしい」という場合にはこういったボタンの配置がありかもです。

FICC KYOTO BLOG

FICC KYOTO BLOGhttp://kyoto.ficc.jp/ スマートフォンサイトでブランディングって発想はなかったです。確かにこれからの時代はスマートフォンサイトが中心になってくる可能性ありますね。いや・・ちがうか、スマートフォンサイトもPCサイトも重要ってことかもしれませんね。

Moment

Momenthttp://momentlens.co/ iPhone(スマートフォン)にとりつける専用レンズですね。似たような商品出てますが、こちらは、撮った写真の質とレンズの質にこだわっている感がありますね。面白いです。kickstarterで資金調達中なんですね。http://goo.gl/hn2iex

FORM::PROCESS

http://www.form-process.com/

株式会社アーキタイプ

http://www.archetyp.jp/

デフィデ

http://www.defide-ix.com/

株式会社レインボー・ジャパン

http://www.rainbow.co.jp/

KathArt Interactive

http://tour.kathart.dk/#/welcomeパララックスをうまく使った会社紹介サイトですね。ちょっと重たいですけどアイディア面白いです。

CREATIVE SURVEY|クリエイティブサーベイ

https://creativesurvey.com/アンケート作成ツールの紹介サイトなのかな。おもしろいなと思ったのが、画面を1,200ピクセル程広げると、Twitter、Facebookなどの新着記事が右側に表示されるところですね。広げないと気づかないんですが、こういった見せ方もありですね。

New Balance Japan

http://www.newbalance.co.jp/tsunagare/HTMLだけでこんな風に表現できるってなんかすごいですね。おもしろい。どこか芸術的な感じもします。

商品テスト

商品テスト用の説明文章です。

← Older
Subscribe ページTOPへ